二の腕カバーは袖の形で工夫

太い二の腕が目立つことがコンプレックスである女性は少なくありません。特に夏には二の腕も露出することが多くなるため、できるだけ二の腕が太く見えないようなファッションを実現したいものです。二の腕とは肩から生えている腕であり、お尻の下から生えている太ももと似ています。服の形で太さをある程度ごまかすことができます。一つ言えることは太い脚をカバーするためにはフレアータイプのスカートが効果的ですが、二の腕に関しても同じです。肩よりも肘に向かっている位置の生地の方が幅があるタイプの服、つまり袖の部分がフレアータイプになっているものが二の腕カバーに効果的です。最も危険で避けたいのがお姫様タイプの、腕が丸く膨らんでいるタイプのものです。これはデザインによりますが腕が短く見えてしまうため太く見えてしまう危険性もあります。こういった提灯型の短パンは脚が短く見えてしまうのと同じです。しかし短く見えてしまっても太さをカバーできる場合もあるのでどちらを重視するかも自分で試着して判断しましょう。また、袖の長さがある程度、つまり肘前後まであるものならば肘、或いは手首の部分がフレアー型になっているタイプもお勧めです。とにかくフレアータイプのものは上の付け根の部分から見ている人の目線を遠ざけて広がっている下の部分に注目を置かせる効果があるのです。こういった効果を上手く利用しましょう。